プラセンタ注射

プラセンタ注射について

プラセンタとは

ひとの胎盤から抽出された「プラセンタエキス」です。
(株)日本生物製剤が1959年に肝硬変、肝機能改善薬「ラエンネック」として厚生労働省から医薬品としての認可を受け、長い歴史があります。
重大な副作用は今のところありません。
軽度の副作用としては注射した部位の一時的な疼痛や発赤で、その他は悪寒・発熱・発疹・悪心です。
プラセンタの成長因子は老化現象を強く元に引き戻してくれるパワーがあります。EGF、FGF、HGFなどいろいろな種類があり、それぞれが細胞の増殖や組織の再生、修復を促す作用をもっています。
その作用によりプラセンタはアンチエイジングで有名な治療薬です。
プラセンタには「細胞活性化作用」や「疲労回復作用」「血行促進作用」「抗炎症作用」があり体を元気にしてくれる作用があるため眼精疲労に効果的な可能性があります。

プラセンタの効果

アンチエイジング、 疲労回復、 美肌 、更年期障害の緩和、 肝機能の改善、抗アレルギー作用 、免疫機能を高める、抜け毛、 育毛作用 、冷え性対策 、自律神経障害や頭痛、肩こりの緩和など

注意)一度でもプラセンタ注射をうけた方は献血ができなくなります。
自費診療になります。

プラセンタ注射(ラエンネック) 自費診療 1回 1アンプル 1500円

English

診療案内

診療時間

午前
午後

※当院は「ご予約優先」です

午前 9:30~13:00
※受付時間(12:30まで)
午後 15:00~19:00
※受付時間(18:30まで)

休診日

日曜・祝日および
水、土曜午後